グラフレポート
グラフレポートではサーバーのリソースやパフォーマンスなどの情報を時系列グラフとして表示できます。これを元に、自己監視でしきい値(異常と見なす値)を超えた場合のアクション(メール送信やスクリプト実行)を設定しておくと、コンピュータに異常を検知させることができます。
  • サーバーのリソースやパフォーマンスなどの状況は自己監視サービスが収集するので、自己監視サービスを常時起動しておく必要があります。この時、データ取得間隔が「取得しない」以外に設定されている必要があります(しきい値やアクションの設定は必須ではありません)。