TCP wrapperの一般設定
ここではアクセスポリシーの追加を行います。
セキュリティを高めるために基本的に全てのサービスを拒否し許可するサービスを個別に設定すると良いでしょう。アクセス設定は、以下のルールに従って適用されます。
そのサービスが、
-「許可」と「拒否」の両方で設定されている場合、「許可」が優先されます。
- どちらにも設定されていない場合は「許可」とみなされます。

対象サービス ポリシー 対象ホスト オプション
サービス名クリックすると表示し続けます
許可
拒否
クリックすると表示し続けます

へメール送信クリックすると表示し続けます
add

アクセスポリシー一覧
対象サービス 対象ホスト ポリシー オプション アクション
全て 全て 許可 オプションなし Delete